• このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ洗顔は、自作ネットで泡を作った後オリジナルのひと工夫

正しい洗顔の方法として、泡で汚れを落とすということはよく聞かれることです。そこで固形せっけんや洗顔フォームを使って一生懸命泡立てようとするのですが、なかなかうまくいかないことも多いでしょう。そんな時に便利なのが、100円ショップなどで手に入れることが出来るネットです。ミカンが入っているネットのようなものですから、自作することも簡単にできます。このネットを使用することで、あっという間にたっぷりの泡が出来上がるため、泡立てることが苦手な人にはおすすめしたいものなのです。 ところが、このたっぷりの泡で顔を洗うということは、汚れを上手く落としきれないという問題もあります。おすすめなのは、この空気をたっぷり含んだ泡にひと手間加えることで、より効果的に汚れを落とすことが出来るということなのです。

泡が邪魔して実は汚れが落ちていない

洗顔ネットを使用して泡を立てると、あっという間に両手で抱えきれないほどの泡が出来上がります。真っ白なもこもこの泡は、見た目の良さもあり、そのたくさんの泡で顔を包み込むということは、何とも言えない幸せな気持ちになるでしょう。しかしそれだけたくさんの泡を使用した場合、手でやさしく顔の汚れを、マッサージするように落とすということは困難であることに気づきます。吸着させて落とすのかなと思い、たっぷりの泡で顔を包み込んで終了という人も多いのではないでしょうか。 実はこの方法だと、顔には落としきれていない汚れが残ってしまいます。オリジナルの簡単なひと手間によって、効果が劇的に変わるため、ニキビや吹き出物といった肌トラブルの改善に役立つものといえるのです。

皮膚科医もおすすめする質のいい泡とは

皮膚科で顔の洗い方をよく聞いてみると、たくさんの泡だけでなく質のいい泡で洗うことが大切と言われます。ネットを使用した泡立ては、たしかにたっぷりの泡が出来るため、肌をこすらずに済むというメリットがあります。しかしネットで泡立てた泡には、たくさんの大きな気泡が含まれていることに気づきます。この泡が汚れの吸着を邪魔しているのです。気泡には空気が含まれているだけで、汚れを落とす成分は含まれていません。そこでネットを使用してたくさんの泡を作ったら、この泡同士をこすり合わせたり、手で押しつぶしていくと、きめの細かい泡が出来上がります。 このオリジナルなひと手間が重要なのです。皮膚科医の言う質のいい泡とは、こうした滑らかな泡のことであり、この質のいい泡で顔を洗うことで、汚れを吸着し、肌にダメージを与えないよう顔を洗うことが可能となるのです。

ピックアップ記事

おすすめの洗顔グッズの探し方とは

顔を洗うのは毎日のことですが、現在実践している方法では効果に物足りなさを感じることがあります。物足りなさを感じる場合、どのような点が気になるのかをきちんと調べ、それに合わせて必要なグッズを活用するなど...

ニキビ肌を改善したい時におすすめの洗顔とは

ニキビが一度できてしまうと、せっかく治ってもまたできてしまい、何度も繰り返してしまうことが多いようです。繰り返しているうちに肌へのダメージはどんどん蓄積されていきますので、なるべく早期の段階で解決しな...

市販のオーガニックコスメの中でおすすめの洗顔石鹸

オーガニックコスメは数多く市販されていますが、肌のためには洗顔からオーガニック製品を使うことです。オーガニックコスメは肥料や農薬などの化学成分を使わずに栽培された有機素材で作られた化粧品などで、素材の...