成年後見制度とは判断能力が精神上の障害により無い人や不十分な人を支える制度です

Posted at 5:21 pm in

成年後見制度とは精神上の障害により判断能力が無い人や不十分な人を支えるための制度です。そして精神上の障害により判断能力が無い人や不十分な人は自分が生活をしていくにおいてさまざまな不便が生じてしまいます。特に高価な物を購入したり、相続が発生して精神上の障害により判断能力が無い人や不十分な人が相続人になった場合に遺産分割をする場合などは精神上の障害により判断能力の無い人や不十分な人が自ら行うと自分に不利益になる可能性が高いので、精神上の障害により判断能力の無い人や不十分な人の代わりにこれらの手続きをする人が必要になってきます。


そして精神上の障害により判断能力が無い人や不十分な人の代わりにいろいろな事をしてその人を援助する人を裁判所に申立をして選任してもらうことになります。また成年後見制度は精神上の障害によって判断能力に問題がある場合でなければ利用することはできません。そして成年後見制度にも本人の判断能力の程度によって三種類にわけることができます。まず本人の判断能力が全く無い場合は後見の制度を利用することになります。判断能力が全くないとは本人が一人では生活をしていくことができずに誰かの手助けが必要になるほど低下してしまっている状態の事を言います。そして本人のために後見人を選任して後見人が本人に代わって日常生活以外のすべての手続きをしていくことになります。次に本人の判断能力が完全に失われているわけではありませんが、高価な買い物などをする場合には不十分である程度に判断能力が失われてしまっている場合は保佐の制度を利用します。そして本人のために保佐人を選任して本人が重要な財産行為をする場合に保佐人が同意をしたりして本人のサポートをしていくことになります。そして最後に本人の判断能力が少し低下してきてしまって本人が重要な財産行為をするには少し不安な場合は補助の制度を利用することになります。


そして補助の制度を利用する場合は後見や保佐の制度とは違って本人の同意が必要になります。そして補助の申立をして補助人を選任してもらうのですが、補助の申立と同時に同意権、代理権の付与の審判を申立てる必要があります。保佐の申立の時は代理権の付与の審判を申立てるかどうかは任意ですが、補助の申立の場合は同意権か代理権のどちらか一つは必ず申立なければなりません。そして最近は高齢者も多くなっているので成年後見制度を利用する人も多くなっています。

Written by admin on 4月 2nd, 2013