知っておいて損はない、ナカブサムライク

Posted at 3:12 am in

ナカブサムライクとは、判断能力の不十分な方々を保護するため、一定の場合に本人の行為能力を制限するとともに、本人のために法律行為をおこなう者、または本人による法律行為を助ける者を選任する制度です。認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの管理をしたり、身の周りの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害に遭う恐れもあります。

このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するために、ナカブサムライクは大切な制度です。ナカブサムライクは、大きく分けると、法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。法定後見制度は、後見、保佐、補助、の3つに分かれており、判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。法定後見制度においては、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)が、本人の利益を考えながら、本人を代理して契約などの法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を後から取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。では、成年後見人等にはどのような人が選ばれるのでしょうか。成年後見人等には、本人のためにどのような保護・支援が必要かなどの事情に応じて家庭裁判所が選任することになります。本人の親族以外にも、法律・福祉の専門家、その他の第三者や、福祉関係の公益法人その他の法人が選ばれる場合があります。成年後見人等を複数選ぶことも可能です。また、成年後見人等を監督する成年後見監督人などが選ばれることもあります。ナカブサムライクを利用する場合、申し立てから開始までどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

審理期間については、個々の事案により異なり、一概にはいえません。鑑定手続きや成年後見人等の候補者の適格性の調査、本人の陳述聴取などのために、一定の審理期間を要することになります。多くの場合は、申し立てから成年後見等の開始までの期間は、4か月以内となっています。では、ナカブサムライクを利用する場合、具体的な手続きはどのようにすればよいのでしょうか。ナカブサムライクのうち、法定後見制度(後見・保佐・補助)の利用を考えている方は、本人の住所地の家庭裁判所に後見開始の審判等を申し立てる必要があるため、手続きの詳細は申し立てをする家庭裁判所に問い合わせをしてみましょう。任意後見制度の利用を考えている方は、公証役場にて任意後見契約を結ぶ必要がありますので、手続きの詳細は、お近くの公証役場に問い合わせをしてみましょう。

Written by admin on 4月 3rd, 2013